内視鏡検査

  • HOME
  • 内視鏡検査

皆様のニーズに合わせた胃・大腸内視鏡検査をさせていただいております。
鎮静剤を使用して、うとうとした状態で行う意識下麻酔法も行っております。
楽にそして、納得していただけるような検査を心がけております。
血液をサラサラにする薬や、糖尿病や血圧などの薬を内服している方は検査前の指示に従ってください。

経鼻内視鏡検査

外径5mmのオリンパス社製の細いスコープを鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸を観察します。挿入時のオエっという反射が軽減され、検査中に会話をすることも可能です。経口内視鏡でつらい思いをされた方におすすめします。ただし血液をさらさらにする薬を内服されている方などは鼻出血のリスクがあり、鼻の変形の強い方や鼻腔の狭い方などは経鼻内視鏡特有の鼻の圧迫感を伴うことがあります。検査前によく医師とご相談されてください。

検査の流れ

検査前日
食事は夜9時までに済ませてください。

検査当日
朝食事はとらないでください。指定されたお薬は内服してください。コップ一杯程度の水は飲んでもかまいません。

胃の中の泡立ちを消して胃の表面を見やすくする薬(15ml)を飲みます。

  • 鼻の麻酔以下は医師又は看護師の指示に従ってください。
  • 両鼻に鼻腔を広げる薬(局所血管収縮剤)を数回スプレーします。
  • 鼻腔に表面麻酔のスプレーをします。5分後にもう1度スプレーします。
    (鼻腔の痛みを抑え、内視鏡をすべりやすくします。のどに流れたら飲み込んでください。)
  • 麻酔の追加をするために片方の鼻に柔らかいチューブを挿入し、麻酔を注入しながらゆっくり抜きます。
  • 場合によっては、胃の動きを抑える注射をすることもあります。
  • 検査中、お話ができます。リラックスしてお受けください。
  • 痛みや気分不良等がありましたら、遠慮なく医師、看護師にお伝えください。
  • 鼻からの挿入が難しい場合:
    無理はせず、経鼻内視鏡を口から挿入して検査します。

経口内視鏡検査

咽頭麻酔のみでの口からの挿入検査です。口からの内視鏡検査に抵抗感のない方や、経鼻挿入が不適当な方が適応となります。当院では外経5mmの細い内視鏡を使用していますので、口から行ってもあまりつらくありません。
ご希望であれば、うとうとしながらできる鎮静剤を注射します。

検査の流れ

検査前日
食事は夜9時までに済ませてください

検査当日
朝食事はとらないでください。指定されたお薬は内服してください。コップ一杯程度の水は飲んでもかまいません。

胃の中の泡立ちを消して胃の表面を見やすくする薬(15ml)を飲みます。

のどの麻酔・ゼリーでのどに表面麻酔をします。
・始めに麻酔のゼリーを5ml飲み込みます。1~2分後更に5ml飲み込みます。
(2回目は麻酔が効き始めているので、飲み込みにくくなります)

場合により、胃の動きを抑える薬を注射することがあります。
・マウスピースを噛んでいただきます。
検査中、お話ができません。
気分不良等がありましたら、手を挙げて遠慮なく医師、看護師にお伝えください。
リラックスしてお受けください。

大腸内視鏡検査

内視鏡を肛門から挿入し大腸内を観察します。大腸がん検診で便潜血反応陽性のかた。下痢や便秘などの排便異常や血便などの症状のあるかたは検査をおすすめします。 鎮静剤を注射し、少しうとうとした状態で、検査を受けていただきます。当院では軸保持短縮法で挿入し腸管を伸ばさないように心がけておこなっているため、ほとんど痛みを感じません。検査は20分くらいで終了いたします。 ポリープが発見された場合、その場で切除も可能です(大きさによっては入院設備の整った施設にご紹介することもあります。)

検査の流れ

検査前日
朝・昼食は軽めに、夕食は素うどん、または検査食を召し上がってください。
水分は大丈夫です。寝る前に下剤を内服してもらいます。

検査当日
朝 8時頃より2リットルの腸管洗浄液を2時間かけてゆっくり飲んでください。

便は10回程出ます。

吐き気など異常がある場合は内服を中止し当院にお電話をしてください。

来院後に検査着に着替えます。

ベッドに横になり眠くなる薬と痛み止めの薬を注射いたします。

リラックスしてお受けください。

30分ほど休んでいただき、医師から結果説明があります。